工務店が建てる加古川の分譲

subpage01

分譲を行うのは一般に、大手住宅メーカーや不動産会社です。
加古川では、一部の工務店で分譲を行っています。


大手住宅メーカーや不動産会社と、工務店が建てる分譲の違いは家のつくりにあります。


加古川の工務店は高い技術力を持ち、地震に強く、燃料費の負担が少ない省エネ住宅をつくっています。加古川に根を下ろす工務店が提供する物件は、土地の安全性も確かです。

工務店が建てる家は木造軸組み工法です。



木造軸組み工法が、2×4工法や軽量鉄骨プレハブ工法と異なる点は、耐久性です。

木製の柱には驚くほどの耐久性があり、適切な使用を心掛ければ、100年以上の耐久性を示します。
さらに、工務店がつくる住宅は、高い耐震性を示します。
壁にボードを張ることで、家全体としての耐震性を高めています。


2階の床は剛床とすることで、家全体の剛性を高めています。

産経ニュースの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

剛床は建築基準法で義務付けられている基準ではありません。剛床がなく、筋違いだけで補強された住宅は、地震時に一部の筋違いに力が集中しすぎ、倒壊に至ることがあります。
2階床の剛性を高めることで、住宅全体の柱や筋違いを一体化させ、住宅全体でs地震に抵抗することができます。



加古川で分譲を行っている工務店を探すには、インターネット上での検索が便利です。

一般に工務店は宣伝をあまり行いません。しかし、加古川で分譲を扱う工務店もあり、有力な選択肢となります。

地元に根付いた工務店の存在は、この地で住宅を求める人々にとって、心強い存在です。